スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECB(欧州中央銀行)、BOE(英国中央銀行)は利上げ?

JUGEMテーマ:株・投資

 2月18日(ブルームバーグ):欧州中央銀行(ECB)のビニスマギ理事は、世界的な物価圧力の高まりに伴い、利上げの必要性が生じる可能性があるとの見方を示した

 同理事はブルームバーグとのインタビューで、「段階的な景気回復と世界的なインフレ圧力の高まりに伴い、金融政策の緩和度を監視し、必要ならば調整する必要がある」と発言。さらに、商品価格の上昇による「影響は不可避」であることから、「これが波及するのを回避し、インフレ期待をつなぎとめることが金融政策における重大な課題だ」と説明した。

 イングランド銀行(英中央銀行、BOE)は、16日発表の四半期インフレ報告で、5月に利上げに踏み切る十分な可能性があることを示唆した。その一方、キング総裁の記者会見での発言を聞いた人は全く逆の結論を導き出したかもしれない。

 国内では、政治が急展開を迎える可能性に加え、足元の過熱感から日経平均株価の調整圧力が高まる可能性が高いと考えられます。しかし、前述したように円安のバイアスが掛かりやすい局面では、輸出関連株には追い風が吹くこととなり、短期的な調整で済むと想定しています。

 しかも、解散総選挙となれば、政界再編が必至となり、構造改革を期待する外国人投資家の買いも膨らむでしょう。いずれにせよ、日経平均株価は強含むと思います。
 
 調整局面の押し目買いが一考。

スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。