スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エステー

 日用品メーカー、エステーが一般家庭向けに昨年10月から販売している放射線測定器が人気を集めている。これまでに出荷した15万台のうち、7割に相当する約10万台が関東で売れており、放射線量が局所的に高い「ホットスポット」に対する潜在的な不安を浮き彫りにしている。
 エステーが測定器「エアカウンター」(希望小売価格9800円)を発売したのは昨年10月20日。5分で空気中の放射線の一種であるガンマ線を地面約1メートルの高さで測定することが特徴で、福島第1原発事故で深刻な被害が出た福島県内を中心に出荷した初回生産分の1万台は、即日完売になるほどだった。
 2月3日には改良版となる「エアカウンターS」を発売。測定時間を2分に短縮し利便性を高めた。月あたりの生産能力を従来の10倍の10万台に拡大、価格を7900円に下げた。
 現在、卸業者を通じて、各都道府県のホームセンターやドラッグストアなどに出荷。一般家庭のほか自治体や民間企業からも購入希望や問い合わせがあり、東京、千葉、埼玉、茨城、群馬、神奈川の6都県で強い引き合いがあるという。同社は今後も生産能力を維持し需要に対応する方針だ。
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。