スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルピーダ会社更生法を申請

 エルピーダメモリが、約4000億円を超える巨額負債の返済に窮して自力再建を断念、会社更生法を申請した。2009年に公的資金注入を受けるなど綱渡りの経営を続けてきたが、DRAM価格の下落や韓国勢の攻勢をかわしきれなかった。02年に就任した坂本幸雄社長は続投するが、再建の道筋は不透明だ。


 「経営の厳しさが増し、今後の債務の支払いが困難になった」。27日の会見で坂本社長は硬直した表情で更生法の申請理由を語った。
 ドルに対する円高・ウォン安が長引き、世界市場でシェア首位の韓国サムスン電子との差が広がった。11年7~9月期の世界シェアはサムスンが45%に達したのに対し、エルピーダは12%にとどまる。
■価格急落が直撃

 パソコンからスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)へとネット接続機器の主役交代の波に乗りきれなかった。パソコン需要減によるDRAM価格急落の直撃で昨年秋には業績が急速に悪化。「DRAM1個の値段で、おにぎり1個しか買えない」。坂本社長はこう嘆いた。
 02年にエルピーダ社長に就任した坂本氏は、「DRAMで世界トップになる」と韓国サムスン電子の打倒を経営目標に掲げた。NEC、日立製作所、三菱電機の3社によるたすきがけ人事を排し、営業、技術開発、設備投資など事業の意思決定スピードを速めた。米テキサス・インスツルメンツ(TI)と、台湾の半導体受託生産会社の日本法人社長時の人脈を生かし、米国や台湾のパソコンメーカーに自ら営業攻勢もしかけた。
 台湾DRAMメーカーに最先端技術を供与して、台湾の低コスト工場でエルピーダブランド製品を生産させる提携関係を構築。サムスン対抗軸の形成を狙った。

 しかし、11年に入るとDRAM市況が悪化し、経営が逼迫する。昨年12月上旬には、三井住友銀行、みずほコーポレート銀行、三菱東京UFJ銀行、住友信託銀行の主力取引4行がエルピーダに対する協調融資の借り換えに応じる3点セットを条件に突きつけた。(1)業界再編が軸の経営再建計画策定(2)日本政策投資銀行の支援継続(3)経済産業省の産活法再認定――だ。
 エルピーダに出資している日本政策投資銀行も「抜本的な構造改革がなければ、3月末以降は金融支援しない」と厳しい姿勢を示していた。
 金融機関を納得させる再建計画を策定するため坂本社長は国内外を奔走した。台湾製造業大手台湾プラスチックや傘下のDRAMメーカーの南亜科技、DRAM世界4位の米マイクロン・テクノロジー、東芝などと協議を重ねた。
 1月後半には、米マイクロンを最有力として交渉を進めたが、提携に前向きとされた前最高経営責任者(CEO)死去で交渉は振り出しに戻る。資金繰りのために進めていた広島工場の売却交渉のメドも立たなかった。
 24日にはエルピーダをめぐる金融機関の交渉があり、融資の返済期限を半年延ばす案も検討されたが、「3月末までに業界再編につながる資本・業務提携の最終合意が必須」と政投銀が譲らなかった。
 しかし27日、3月末までのマイクロンとの提携合意は難しいことが判明。万策が尽きた。
スポンサーサイト

セラーテムを強制調査=増資めぐる偽計容疑―監視委

ジャスダック上場の情報処理サービス会社「セラーテムテクノロジー」(東京都中央区)が、第三者割当増資をめぐり虚偽の事実を公表した疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(偽計)容疑で、同社を強制調査していたことが26日、分かった。監視委は東京地検特捜部への告発を視野に調査を進める。
公表資料によると、セラーテムは2009年11月、中国・北京市のソフトウエア開発会社を子会社化するため、英領バージン諸島の投資ファンドを割当先として新たに約11万株を発行し、総額約15億円の第三者割当増資を行うと発表。同年12月に全額の払い込みを受けて子会社化を完了した。
関係者によると、この約15億円は実際には投資ファンドから入金されておらず、増資は見せ掛けだった疑いがあるという。 

月刊FACTAでは、すでに報道されていました。
 
証券取引等監視委員会の動きは遅すぎます。年金の件も同業の暴露が発端ですしね。

騰落レシオ

相場の過熱感を示す騰落レシオが130パーセントを五日連続で超えております。

120パーセントを超えたら過熱感が高まっていると言われております。

日銀追加金融緩和、欧州債務問題、中国の預金準備率引き下げなど、株式市場に対するポジティブな材料が頻発しましたが、そろそろ手仕舞いですか。

グリーの急落を拾ってみますか。

しかし、押し目は深くなりませんから、グリーが反発したら、主力株にシフト。

タイミングさえ合えば、巨利を得ることができる相場です。

米ドル

ドル買いが進んでいる。クロス円だが。

なぜ、FRBの一部のメンバーがQE3をやるべきとの主張が報じられたばかりなのに。

やはり、先日のインフレターゲット政策が相場の潮目になったようだ。

早く買わないと乗り遅れる。
金融株しかない!

日銀追加金融緩和が一段落

今日は利益確定売りが優勢。
騰落レシオは過熱感を示す水準です。

個別材料株が中心の相場展開になるでしょう。

金融緩和はレオパレスが面白い!

過剰流動性相場到来

昨年末の欧州中央銀行の資金供給、昨日の日銀による金融緩和。世界各国で金融緩和競争の様相を呈しています。

結果どうなるか?

市場に資金が溢れ、株高や商品市況高が引き起こされます。

金融株の反発を予想。
楽しみな一年になりそうです。

マーベラスAQL

以前、取り上げた銘柄。

本日大幅な上方修正を発表!
明日が楽しみ。

メディアグローバルリンクス

1月23日 17:30
市場のうわさ・未確認情報


☆メディアGL(6659・JQ)に業績一変期待感。19日、オセアニア最大の通信事業者から、豪州全土をカバーする次世代放送用基幹ネットワーク構築プロジェクトを獲得したと発表した。数字の詳細は出していないものの、業績規模からしても、かなりのインパクトがうわさされている。

同社は映像・画像を劣化させることなく高品質のまま長距離伝送する通信機器にも強く、オリンピックも商機。アテネ五輪以降、夏季・冬季五輪で日本と開催地をつないできた。ロンドン五輪ではロンドン―日本だけでなく、「ロンドン―米国」「ロンドン―豪州」ルートにもかかわる公算あり、来期の業績について視界も良好という。

楽しみな銘柄。

スリープロ、きちりの様に、大化けの香り。来週も要注目

今週もご覧いただきまして、ありがとうございました♡

デジタルガレージ

Facebook株を保有!
含み益期待♡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。