スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々推奨

金融ファクシミリ新聞の報道によれば、LINEの主幹事は野村證券に決まったそうである。

上場が発表されれば、提携関係にある会社が株価を飛ばすだろう!

答えはアドウェイズ(2489)!

LINEコイン絡みで提携関係にあります。
一時的に株価は60万円まで上昇しましたが、今後の株価に注目したいところです!
スポンサーサイト

年末は新興市場

さて、明日は日銀金融政策決定会合!
詳細は明日の午後一ぐらいに公表されます。5ー10兆円の資産買い入れ基金の増額が有力です。

市場は先週末までで織り込みましたので、材料で尽くしと見る向きもありますが、私は円安に触れると予想します。

年末にかけては新興市場がよく値上がりするという経験則があります。

明日の注目銘柄は3175:APカンパニー

塚田農場を中心とした地鶏外食チェーンに加えて、地魚を出す外食チェーンも展開。

業績急拡大の外食株は儲かりますよ(笑)

SNSに逆風

 「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」と呼ばれる携帯電話のゲームの新商法について消費者庁が景品表示法に抵触する可能性があると判断したことは、国内のソーシャルゲーム(交流ゲーム)各社の今後の収益に影響を与えそうだ。(社会1面参照)
 各社は手元の携帯電話からアクセスできる手軽さに加え、消費者を課金サービスに誘導するゲーム設計で業績を伸ばしてきた。課金収益の柱が「ガチャ」と呼ぶ1回数百円の電子くじ。特に指定のアイテムをそろえると希少性の高いアイテムがもらえる「コンプガチャ」は射幸性の高さが指摘されていた。
 ディー・エヌ・エー(DeNA)のゲームサイト「モバゲー」でアイテムやガチャを購入する際に使う仮想通貨「モバコイン」の消費高は、今年1~3月で500億円を超えた。直近の2011年10~12月の409億円から100億円近く伸びており、「年間で2000億円に達する勢い」(守安功社長)。グリーも同様だ。11年10~12月の有料課金収入は前年同期と比べ3倍以上の382億円に達した。両社ともに有料課金収入がゲーム事業の売上高の9割を占めている。

楽天

 楽天と日本郵便は16日、海外ネット通販で連携すると発表した。楽天の加盟店が海外に発送する注文を受けたときに、加盟店に対して、手軽に注文に応じられるような仕組みと海外配送手段を提供する。
 加盟店は、楽天のウェブサイト上で受発注情報を入力すれば、国際郵便の発送ラベルや通関に必要な書類が自動的に作成される。出店者はこれらを印刷すれば、発送準備が整う。日本郵便が提供する、通常料金より3割前後安い「国際eパケット」などが利用できる。
 また、海外ネット通販の活用などに関するセミナーを全国で開催し、市場拡大を目指す。日本郵便の海外ネットワークを活用し、日本からの海外通販について認知度を向上させる施策も展開する。
 日本郵便によると、ネット通販に関する国際郵便物は年間10%前後で伸長しているといい、担当者は「ネット通販ツールの拡大で、この成長率にさらに上乗せできる」としている。

エムアップ

PERも割安。配当利回りに妙味。
先週、金曜日の日経新聞夕刊一面。

次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。