スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうかって

しゃーない
スポンサーサイト

日本マクドナルドHD

 日本マクドナルドはハンバーガー店に高単価のコーヒーを提供する売り場を併設する。7月に東京・原宿で始めて年末までに約20カ所開き、5年後をメドに1千カ所に増やす。同社はコーヒー類を新規客獲得の柱にする方針で、20日にコーヒーのSサイズを40円値下げして100円にした。高単価のコーヒーも追加し集客力強化を目指す。
 計画は原田泳幸会長兼社長が29日、国内最大の「原宿表参道店」(東京・渋谷、約800平方メートル)の開業に伴う記者会見で明らかにした。
 新売り場「マックカフェ バイ バリスタ」は専用レジを設け、カプチーノやカフェモカなどを販売。常駐するコーヒー職人が注文を受けてミルクの量などを調整する。価格は300~350円と一般的な喫茶店より安く設定する予定。
 最初の売り場は原宿表参道店に設け、2013年12月期も60~80カ所に開く。5年後は現店舗数(約3300)の3割相当に設置し、現在の「ドトールコーヒーショップ」(2月末で約1100店)に次ぐ拠点数を目指す。売り場併設店では売上高の約1割を高単価コーヒーで稼ぐ方針だ。
 同社は08年にコーヒー類の販売を強化する方針を打ち出し、現在は約2800店で通常のコーヒー以外に7種類のメニュー(190~250円)を提供。「マクドナルドに来なかった消費者を取り込みつつある」(原田会長兼社長)。同社は移転や新規開業で売り場を広くした店づくりを進めており、高単価のコーヒー売り場はそうした大型店を軸に設置する。
 同社は07年から一部の不採算店を転換するなどでカフェを展開したが、立地の悪さなどでその後撤退した経緯がある。

奇々怪々なシャルレ社長交代劇 見え隠れする創業家の影

大阪証券取引所2部に上場する下着販売会社、シャルレの突然の社長交代劇がさまざまな憶測を呼んでいる。前社長の辞任理由が「一身上の都合」としか公表されなかったためだ。シャルレといえば、バレーボール五輪銅メダリストの三屋裕子氏を社長に抜擢(ばってき)しながら、わずか3年で解任したことで話題を呼んだことも。トップ人事をめぐる一連の“ドタバタ騒動”には、株式の過半数を握る創業家の影が見え隠れする。
 「上場企業の社長が『一身上の都合』で辞めるなんて聞いたことがない」
 ある証券系アナリストはあきれ顔でこう語った。
 4月12日、シャルレのホームページに掲載された「代表取締役の異動に関するお知らせ」はA4判で2枚のみ。
 「岡本雅文前社長(47)が病気だったとは聞いていませんが、お知らせ以上のことは私たちも分かりません」と同社担当者も困惑気味。そこで、常務から昇格した橋本欣也新社長(56)への取材を申し入れたが、「急な人事異動でしたので、本人も『しばらくは遠慮したい』と申しております」との返答。新社長自身、突如引き立てられ、戸惑っている実態をうかがわせた。
 近年、シャルレのトップ人事には不可解さがつきまとってきた。
 平成16年、三屋氏が突然、社長に抜擢された。創業家は「ホームパーティー形式の試着会」という同社の訪問販売モデルをしがらみにとらわれず、見直してくれると期待。これに対し、三屋氏は「むしろ独特のネットワークを生かした試着会を強化しよう」と考えたため、両者は対立し、三屋氏は創業家から解任された。
 しかし、三屋氏を解任した創業家出身の社長も、MBO(経営陣による自社買収)をめぐり、「買い付け価格を不当に低く誘導した疑いがある」として、20年12月に解任。これを受け、プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト・インクを経て、13年にシャルレに入社していた岡本氏が社長に就任した。
 その彼がなぜ、任期を全うせず、「一身上の都合」で辞めなければならなかったのか。実は、今回の辞任劇には伏線があった。
 LED(発光ダイオード)照明の開発・販売子会社、シャルレライテック社長(シャルレ取締役)が、岡本氏と同じ「一身上の都合」で今月9日に辞任していたのだ。
 シャルレライテックは22年にシャルレが他社と合弁で始めた企業だが、本業のもうけを示す営業損益は2億円を上回る赤字が続き、シャルレ本体の収益を悪化させていた。東京商工リサーチによると、シャルレライテックは約6千万円の債務超過状態で、シャルレから資金を調達していたようだ。
 経営不振の合弁相手が手を引き、今年3月末にシャルレの完全子会社となったが、「赤字会社を押しつけられた」との不満が創業家にくすぶり、岡本氏と子会社社長の辞任へつながったとの見方も一部にはある。
 仮に、議決権の過半数を握る創業家から株主総会で取締役の解任動議を出されれば、経営陣は苦境に陥る。今のところ、三屋氏の社長解任劇やMBO騒動で世間の批判を浴びた創業家は、表面的には鳴りを潜めたままだ。ただ、3月末に5人いた取締役のうち生え抜きといえるのは橋本新社長のみだった。今回、外部出身の2人が一度に辞任したことで、創業家の影響力が増すのは間違いない。
 「創業家は無関係かもしれない。だが、社長の辞任理由が『一身上の都合』なんて含みのある言い回しだと、あらぬ憶測が飛び交うことになる」。あるアナリストはこう苦言を呈す。
 果たして、創業家による“逆襲劇”の幕は上がったのだろうか。

株式に関心の薄い若者

 4月18日(ブルームバーグ):米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)のジョン・シール氏は、株式市場のリターンが過去10年間低調なことから、若年層の顧客が株式への関心を失う可能性があるとの見方を示した。
BOAメリルリンチの米国ウェルスマネジメントおよびプライベートバンキング・投資グループ責任者であるシール氏は、「投資家として丸々一世代を失うリスクにさらされている」と指摘。「彼らは10年にわたり、あまり素晴らしいとは言えない成績しか得ていない」と説明した。
ブルームバーグのデータによれば、S&P500種株価指数は2001年初めから10年終わりまでに約5%下落した。
シール氏はボストンで開かれた米証券業金融市場協会(SIFMA)主催の会議で「彼らが、投資先として株式が一番だと自信を持てないのも当然だ」と述べた。
さらに、若年層の投資家が異なる視点や投資経験を持つということを資産運用担当者は認識する必要があると指摘。あらゆる年齢層および機関の投資家により良いサービスを提供するには、テレビ会議などテクノロジーの利用を増やしたり、オンラインでの情報提供を行うべきだと説明した。またアドバイザーは顧客に対し、ベンチマークよりも顧客の目標についてしっかり説明すべきだと続けた。

加藤晟再び

さて、株式市場ですが2012年4月16日、日経平均株価は9,470円で引けました。戻りの鈍い株価の動きからも、確実に衰えていく日本の株式市場の本質が透けて見えます。
 3月27日に10,255円の戻り高値をつけて現在調整中ですが、日経平均株価が目先適正な日柄調整・値幅調整を経た後、戻りがいくらになるのか。10,500円なのか11,000円なのか分かりませんが、はっきりと言えることは、大型株・優良株などの押し目を仮に上手に買えたとしても、それがどこまで戻るのか、戻りの幅がなかなか正しく掴めないだけに、こうした銘柄を買いで取ることは容易ではないということです。
 限りなく衰えていく株式市場にあって、今こそ個人投資家に「買いで取れる」という自信と勇気を与えてくれる「兼松日産農林」のような出世株の出現が強く切望されます。

 日本経済は今後どうなっていくのか…2012年1月中旬頃、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント会長ジム・オニール氏によって公表されたレポートが話題になりました。2012年1月28日の日本経済新聞にも関連記事が掲載されています。このオニール氏のレポートの中で、彼は「今後2~3年で日本とイタリアの国債利回りはほぼ同じ水準になる」と予測しています。
 より具体的に申しますと、イタリアの金利水準は調整が進んでいくのに対して日本の状況は悪化しつつあり、「おそらく2~3年のうちには、両国の10年国債の金利は、ほぼ中間点に近い水準、例えば3.5%付近になるのではないか」というのがオニール氏の予知する将来です。

 2011年度の日本の一般会計予算は約92兆円でしたが、歳入の内訳を見ますと、税収入その他が約48兆円であり、残りの約44兆円は公債金、即ち国債発行によって賄われています。一方歳出のうち約22兆円は国債費、即ち国債の償還や利子の返済に充てられている事が分かります。2012年度もこの傾向はほぼ同じです。つまり、国債を発行して得たお金44兆円のうち、約半分の22兆円が今までの借金の返済に使われ、残りの半分、約22兆円は新たな借金として積み増されていっているのが現状です。
 今までの日本は、この新たな借金を国内資金によって補うことで何とか国内安定消化が出来ていましたが、このまま行けばいつかは国内だけでは補いきれなくなる日が必ず訪れます。その時は海外からの資金を当てにするしかなく、「日本の政府債務の信認が本格的に市場に問われる日が近づいている」とオニール氏は警告しているのです。

 これから3年間、即ち2012, 2013, 2014年において、日本の個人投資家が株式投資で成功出来るかどうか? ― 徐々に弱りつつある日本経済において、これは大変重要な意味のあるテーマです。
 現状の様に、個人投資家が「買い」で利益を得ることに失敗すればするほど、そしてその状態が続く限り、日本の株式市場は衰え続けていくでしょう。
 しかし、もし今、かつての「兼松日産農林」のような出世株が出現したとしたら。いや、そのような出世株の出現によってのみ、市場、そして個人投資家達は救済の道へと入っていくことが出来るのだと思います。

 先細りの株式市場にあって、「買い」で取れた数少ない銘柄として、2011年11月1日、「時々の鐘の音」のコラム「再びの邂逅」の中で触れた200円台の銘柄、コード番号:4406 ○○○○○ があります。本銘柄は2012年3月2日に1,297円という高値を付けました。買いで1,000円幅が取れた銘柄として大いに脚光を浴びたことには、まさしく天の恩恵を感じざるを得ません。

 しかし、その○○○○○も3月2日の1,297円という高値から2012年4月9日には大幅に下落して452円という安値を付けてしまいました。200円台で買って、1,000円幅を利食った人はともかく、1,200円台で○○○○○を買った人達がいることを私達は忘れてはなりません。「昨日の今」2012年4月9日、452円という安値を付けるに及んで、大幅に下落した○○○○○を抱えて立往生している人達の心の痛みがヒシヒシと伝わってきます。しかしそうは言うものの、目先の日柄・値幅調整を経た後、1,297円という3月2日の高値をあっさりと抜いて、空売りの踏み上げ相場へと発展する可能性は大いに残っていると私には思えます。
 罫線を見る限り○○○○○の相場は一見終わったようにも見えますが、私にはそうは感じられません。○○○○○が不死鳥の如くある日突然上昇波動を描いて飛翔するのではないか、という強い予感がします。○○○○○の「今日の今」「明日の今」に関しては、次回の「時々の鐘の音」で考察をしてみたいと思います。

 海印三昧に言う「今日の今」と「明日の今」、2012年4月16日引け値409円、コード番号:8103 ○○○○は今年の出世株として大いなる輝きを放つかもしれません。1,000円幅は勿論のこと、何年振りかに出現するであろう、「兼松日産農林」のような大相場に発展する可能性も大いにあり得る、と私には思えてなりません。
① 品格のある三菱グループに所属しているということ。5年後・10年後の暗澹とした日本経済を展望する時、孤立無援でなく、しっかりとした財閥グループに属しているということは何にも勝る大きな力
チカラ
となります。安定的な成長が見込まれる、隠れた優良株であることは間違いありません。
② コード番号8103:○○○○は経営の基盤をアジア圏、特に世界から成長が最も期待される中国に拠点を置いています。中国関連取引に特色を持つ企業だけに、今後の成長には大いに期待できます。
③ コード番号8103:○○○○の一株当たり予想利益は2012年3月期が50円、2013年3月期が55円となっています。ファンダメンタルズ面から言っても現在の株価は超出遅れ銘柄であることは確かです。優良株にも関わらず、「今日の今」の株価は2012年4月16日引け値409円ですから、PER面から見ても株価に正しく反映されてはいません。大いに上昇余地のある優れた出遅れ銘柄であることは確かです。
④ 隠れた空売り残も相当数が既に積み上がっていることが窺えますから、今後の取り組み次第では空売りの大踏み上げ相場に発展する可能性も大いに有り得ます。


 安定的成長が見込まれ、現在も成長を続ける中国に取引の中心を置き、更にファンダメンタルズ面から見ても優良株であるのに、現在の株価の水準があまりにも低すぎる○○○○は、現物で買って長期に保有するのに最適の銘柄と言えます。今後、兼松日産農林のような大相場に発展する予感がしています。

 2011年11月17日発信の「時々の鐘の音」で、二宮尊徳の「遠くを計る者は富み、近くを計る者は貧す」という箴言を掲げましたが、株価の成長に関しても同じことが言えると思います。
 種を蒔いて「遠くを計る者」と、種を蒔かずに刈り取ることのみに心を奪われる「近くを計る者」のいずれが多いかは、株価の成長の軌跡軌道に大いに影響があります。4406 ○○○○○が200円台から1,297円まで株価が成長し、そして452円という安値をつけたことは、種を蒔かずして刈り取ることだけを考える「近くを計る者」が如何に多かったかをはっきりと物語っています。
 同じく11月17日の「時々の鐘の音」で発信しました「運・鈍・根」という言葉があります。「三位一体のこの言葉は、鈍と根に徹してのみ運を掴むことができる」と書きましたが、売買益を得るのに50円か、100円幅ではなく、しっかりと1,000円幅、2,000円幅、3,000円幅がとれる株式投資が実現することが望まれます。
 8103 ○○○○は兼松日産農林のような大相場に発展する可能性があるだけに、二宮尊徳の言う「遠くを計る者」が数多く加われば今年の出世株に育つ可能性は大きいと思います。


※株価は、人為的に形成されることは絶対にありません。老子が唱えた「無為自然」という言葉があります。目先の小欲に惑わされること無く、自らの心の声に、そして天の声に耳を傾け、情勢に流されず天に身を任せる。それが出来る人にこそ、天は微笑みかけてくれるに違いありません。

※ここに掲載した銘柄に関しては、投資勧誘を目的とするものでは決してありません。売買に関しては、自己責任の原則を貫いてほしいと思います。当スタッフは一切の責任を負いません。

※お釈迦様が「自燈明」と仰られた如く、他人を頼りにしないで自らの心を磨き、自らを信じてください。投資判断も正しい選択が叶うように、私も含めてお互いに頑張りましょう。

次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。