スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうかって

しゃーない
スポンサーサイト

久々推奨

金融ファクシミリ新聞の報道によれば、LINEの主幹事は野村證券に決まったそうである。

上場が発表されれば、提携関係にある会社が株価を飛ばすだろう!

答えはアドウェイズ(2489)!

LINEコイン絡みで提携関係にあります。
一時的に株価は60万円まで上昇しましたが、今後の株価に注目したいところです!

甘利経済財政•再生相が株価水準に言及

甘利経済財政•再生相が日経平均株価13,000円を目指すと発言。

安倍政権は本気で経済再生を目指す方針です。

輸出関連株と証券株が一番値上がりするでしょう。

楽しみな一年となりそうです。

野村HDとマツダがオススメ。

金融緩和の見方当たり!

さていよいよ、米国大統領選挙が近づいてきました。

株は一旦売りで反応するでしょう。

あとは年後半の財政の崖の問題です。
後ほど詳細を。

年末は新興市場

さて、明日は日銀金融政策決定会合!
詳細は明日の午後一ぐらいに公表されます。5ー10兆円の資産買い入れ基金の増額が有力です。

市場は先週末までで織り込みましたので、材料で尽くしと見る向きもありますが、私は円安に触れると予想します。

年末にかけては新興市場がよく値上がりするという経験則があります。

明日の注目銘柄は3175:APカンパニー

塚田農場を中心とした地鶏外食チェーンに加えて、地魚を出す外食チェーンも展開。

業績急拡大の外食株は儲かりますよ(笑)

毎週大当たり!!!

来週は日銀追加金融緩和期待が相場を支えます。

不動産、銀行、証券!
このセクターで決まり!

シャープはホンハイとの交渉が短期で解決しないと見方を変更します。

来週は素直に大型主力株の金融緩和の恩恵享受銘柄が儲かるでしょう。

また、JALが上昇すれば全員参加型の大相場が期待できますよ!

楽しみな一週間。
みんなでタップリ稼ぎましょう!!

丸の内大将軍

米国では量的緩和第三弾が濃厚か!

おとといの金曜日に米国雇用統計が発表されました。

市場予想を下回る結果となったことで金融緩和論者のベン・バーナンキFRB議長は量的緩和第三弾を実施するための素地が整いました。

量的緩和第三弾のよって円高圧力が高まるため日本では輸出関連株にとって売り圧力が強まることになるでしょう。

その一方で金融緩和の恩恵を受けやすいとされる(米国での金融緩和で日本には直接の影響がなく、期待感が高まるだけですが)不動産、証券、その他金融などのセクターが物色されることになるでしょう。

短期的に儲けるチャンス到来と言ったところでしょうか。

来週はシャープ買いで間違いなし

ホンハイのテリーゴウが来日。
いよいよ再建に向けた動きが本格化する。メインバンクが追加融資する姿勢を示す他、連結から外した堺ディスプレーの稼働率が八割超に向上しているなど、バランスシートの懸念払拭・収益回復の状況が漏れ伝わっています。

つまり、来週はシャープの材料がオンパレードとなり、株価は200円を回復するでしょう。

ワンチャンスありますので、是非とも儲けましょう!

領土問題

竹島に尖閣諸島、これら日本国の領土が三国人に狙われています。

なんと、上場企業にも島を保有している会社があるのです!

その名はラサ工業
所有するラサ島は米軍に賃借して、収入を得ているそうです。

↓wikiより
ラサ工業株式会社(Rasa Industries, LTD)は、日本の化学メーカー。

社名は、1907年(明治40年)にラサ島(沖大東島)で肥料の原料となるリン鉱石を採掘したことに由来する。リン鉱石の採掘が行われなくなった現在でも沖大東島全体がラサ工業の私有地となっている。化学肥料を軸に鉱山・非鉄金属製錬、石炭採掘、化学事業(硫酸・リン化合物製造)、鉱山・工業機械製造と有機的な複合事業を行っていた。ラサ島の他に、岩手県田老鉱山、宮崎県見立鉱山、山形県田川炭鉱を所有・経営していた。また、戦前には沖縄県の慶良間諸島屋嘉比島で慶良鉱山(銅)を、日本領「新南群島」となっていた南沙諸島(スプラトリー諸島)で燐鉱採掘をおこなっていた他、鯛生金山を経営していた鯛生産業と合併した関係から大分県や鹿児島県に金山を複数所有していた時期もあった。

現在は祖業である肥料・鉱山・製錬・硫酸事業からは撤退している。現在では化成品、機械、電子材料を軸として事業を展開している。シリコンウェハー再生事業では世界的な大手メーカーであったが、2010年度末を以て同事業から撤退することを発表した。

なお、ラサ商事は同社の商社部門子会社として設立されたが、後に大平洋金属系となり、現在は独立系の商社となっている(ラサ工業・大平洋金属との取引関係は続いている)。

またしてもNYSE!!

 1日の米国株式市場で取引障害が発生し、大量の注文によって150ほどの銘柄が異常な値動きとなった。米市場ではこれまでにも技術的問題による異常が何度か発生しており、投資家の信頼を傷つけている。

 最大手の証券会社の一つである米ナイト・キャピタル・グループは、ソフトウエアの不具合を調査していると述べた。また、大量の注文が市場を揺るがし、取引所が一部銘柄の取引を停止する中で、取引注文を他の証券会社に回すよう顧客に要請したという。

画像を拡大する

Scott Eells/Bloomberg
ニューヨーク証券取引所
 一部の銘柄は通常の20倍も取引され、規制当局が調査を始めた。当局は先のインターネット交流サイト(SNS)大手フェイスブックのIPO(新規株式公開)や2010年のフラッシュクラッシュなどの株式市場の取引障害が、電子取引システムの問題なのか、金融市場のもっと根源的諸問題に由来するのかどうかを調べている。

 NYSEユーロネクスト関係者は、ダウ工業株30種平均構成銘柄を含む銘柄の取引に誤りがなかったかどうか調べていると話した。同関係者はトレーダーに対して、NYSEは1日午前9時半~10時15分の間の値動きが異常に大きかったり出来高が膨らんだ148銘柄の取引動向を調査していると伝えた。

 NYSEは引け前に、非常に不安定な動きを示した小型株6銘柄の取引を取り消すと発表した。これは、ウィザード・ソフトウェア、チャイナ・コード・ブラッド、リーブズ・ユーティリティー・インカム・ファンド、Eハウス(チャイナ)ホールディングス、アメリカン・リプログラフィクス、それにクイックシルバー・リソーシズの6銘柄。

 NYSEはちょうどこの日、個人投資家向け価格提示をより魅力的にするためのプログラムを導入した。このいわゆるリテール・リクイディティー・プログラムは、マーケットメーカーがセントの端数まで価格を提示できるようにしたもので、証券取引所にとって新しい機能だ。

 NYSEの広報担当者は、問題の時間には全てのシステムとボラティリティー・コントロールが正常に機能していたと話した。

 同取引所は、アルコアからインリー・グリーン・エナジー・ホールディングに至るまで全ての銘柄について異常な取引がなかったかどうか調べているとしている。バンク・オブ・アメリカ、バークシャー・ハザウェイ、ゼネラル・モーターズ(GM)、ゼネラル・エレクトリック(GE)、ファイザーを含む優良銘柄の取引量は寄り付き後の45分間で急増した。デュポンの株価は4.8%上がり、ダウ平均を押し上げる最大の銘柄となった。ダウ平均はその後反落した。

 ナスダックOMXグループ、BATSマーケッツ、ダイレクト・エッジ・ホールディングスなどの証券取引所や取引システム運営会社も同様に取引状況を調べている。

 トレーダーらは、朝方一部の銘柄に見られた異常な値動きは電子取引プラットフォームでの大量の売買注文によるものと述べた。3700億ドル(29兆円)の資金を運用するフェデレーテッド・インベスターズ(ニューヨーク)の主任株式ストラテジスト、フィル・オーランド氏は「パニックに陥った」と話した。同社は所有するハーバライフ株が突然下落したことに驚いた。同氏は「ハーバライフの四半期業績が過去最高だったことから株価は上昇するはずだった」と述べた。

 証券取引委員会(SEC)は、状況を注視しており、NYSEなどの証券取引所と連絡を取り合っているとしている。関係筋によると、業界の自主規制機関、金融取引業規制機構(FINRA)も問題を調査しているという。

天に向かって唾を吐く

 今年第1四半期(1~3月期)に全世界の携帯販売台数で、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を抜き、世界一となり、勢いづく韓国・サムスン電子だが、アップルには簡単には勝てそうもない。
 16日、アップルがアイフォーン用の部品をサムスン以外の日本企業などに発注したとの報道で、サムスンの株価が急落。時価総額で100億ドル(8030億円)が吹き飛んだ。スマホ販売ではアップルの強力なライバルのサムスン電子も、携帯端末などの部品をアップルに大量に納入する“下請け”でもある。巨人「サムスン」でもかなわないとなれば、日本の家電各社も、アップルに頼るしかなさそうだ。
 8030億円吹き飛ぶ
 16日のソウル株式市場では、米アップルがアイフォーンなど携帯端末に使う半導体メモリー(DRAM)を、日本のエルピーダに大量発注したとの報道を受け、サムスン電子株が一時、6.2%も下落し、時価総額が100億ドル減少。終値も9週間ぶりの安値を記録した。
 この騒ぎに輪をかけたのが、米アップルが今秋以降に発売するとみられるアイフォーンの次世代モデルの画面を現行機種「4S」より3割程度、大きくするというニュースだ。
 ロイター通信が東京発で伝えたところでは、アップルが次世代機種に使うディスプレーを、2007年にアイフォーンを発売して以来同じだった3.5インチから4インチに拡大することを決め、すでにサムスン以外の3社に新型ディスプレーの試作品を発注したという。その3社とは、韓国のLGディスプレー、シャープ、さらに日本の政府系ファンドの後押しでソニー、東芝、日立の中小型ディスプレー事業を統合し4月に発足したジャパンディスプレーだ。
 スマートフォン業界では、画面の大型化が進み、アップルの動向に注目が集まっており、ある意味、予想する声もあったが、それでもサムスンにとっての衝撃は大きいようだ。
 すでに3社は4インチディスプレーの試作品を製造し、アップルから発注があれば6月にも本格生産に着手できるという。そうなれば、8月には次世代アイフォーンの完成品の組み立てが始められることから、次世代のアイフォーンは、10月には発売されるとの見通しが強まっている。
 アイフォーンの画面の大型化について、ロイター通信は「消費者は機能だけでなく、美学やデザインも重視する。画面の大型化は消費者に驚きをもたらし、旧機種から新機種への買い替え需要をもたらす」とのアナリストの声を紹介している。
 「騒ぎ過ぎ」指摘も
 今回の一連の報道に対し、アップルからはコメントは出ていないが、サムスンの関係者は、DRAMの納入については、アップルから従来通りの注文を受けていると述べ、影響はないとの見方を示している。
 実際、エルピーダの実情に詳しい複数の関係者は、ロイター通信に対し、サムスン株をめぐる動きは騒ぎ過ぎだと指摘。「エルピーダはすでに生産するDRAMの半分以上をアップルに納入しているが、量的には少量に過ぎない」としている。

SNSに逆風

 「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」と呼ばれる携帯電話のゲームの新商法について消費者庁が景品表示法に抵触する可能性があると判断したことは、国内のソーシャルゲーム(交流ゲーム)各社の今後の収益に影響を与えそうだ。(社会1面参照)
 各社は手元の携帯電話からアクセスできる手軽さに加え、消費者を課金サービスに誘導するゲーム設計で業績を伸ばしてきた。課金収益の柱が「ガチャ」と呼ぶ1回数百円の電子くじ。特に指定のアイテムをそろえると希少性の高いアイテムがもらえる「コンプガチャ」は射幸性の高さが指摘されていた。
 ディー・エヌ・エー(DeNA)のゲームサイト「モバゲー」でアイテムやガチャを購入する際に使う仮想通貨「モバコイン」の消費高は、今年1~3月で500億円を超えた。直近の2011年10~12月の409億円から100億円近く伸びており、「年間で2000億円に達する勢い」(守安功社長)。グリーも同様だ。11年10~12月の有料課金収入は前年同期と比べ3倍以上の382億円に達した。両社ともに有料課金収入がゲーム事業の売上高の9割を占めている。

日本マクドナルドHD

 日本マクドナルドはハンバーガー店に高単価のコーヒーを提供する売り場を併設する。7月に東京・原宿で始めて年末までに約20カ所開き、5年後をメドに1千カ所に増やす。同社はコーヒー類を新規客獲得の柱にする方針で、20日にコーヒーのSサイズを40円値下げして100円にした。高単価のコーヒーも追加し集客力強化を目指す。
 計画は原田泳幸会長兼社長が29日、国内最大の「原宿表参道店」(東京・渋谷、約800平方メートル)の開業に伴う記者会見で明らかにした。
 新売り場「マックカフェ バイ バリスタ」は専用レジを設け、カプチーノやカフェモカなどを販売。常駐するコーヒー職人が注文を受けてミルクの量などを調整する。価格は300~350円と一般的な喫茶店より安く設定する予定。
 最初の売り場は原宿表参道店に設け、2013年12月期も60~80カ所に開く。5年後は現店舗数(約3300)の3割相当に設置し、現在の「ドトールコーヒーショップ」(2月末で約1100店)に次ぐ拠点数を目指す。売り場併設店では売上高の約1割を高単価コーヒーで稼ぐ方針だ。
 同社は08年にコーヒー類の販売を強化する方針を打ち出し、現在は約2800店で通常のコーヒー以外に7種類のメニュー(190~250円)を提供。「マクドナルドに来なかった消費者を取り込みつつある」(原田会長兼社長)。同社は移転や新規開業で売り場を広くした店づくりを進めており、高単価のコーヒー売り場はそうした大型店を軸に設置する。
 同社は07年から一部の不採算店を転換するなどでカフェを展開したが、立地の悪さなどでその後撤退した経緯がある。

特別行動?

【ソウル西脇真一、北京・米村耕一】北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、韓国の李明博(イミョンバク)政権が金正恩(キムジョンウン)第1書記を侮辱したと非難し、朝鮮人民軍最高司令部が「革命武力の特別行動が直ちに開始される」と通告したと報じた。通告には武力行使やサイバー攻撃を連想させる内容も含まれ、李政権批判を激化させている北朝鮮が挑発行為を「予告」した格好。心理戦との見方もあるが、10年の延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件などもあり、米韓は動向を注視している。
 同通信は、「特別作戦行動小組」の通告として伝えた。通告は、李大統領が20日にソウル市内で行った北朝鮮の農業改革を促す講演などを批判。「特別行動はいったん開始されれば3~4分か、より短い時間で、かつてない特異な手段で挑発の根源を焦土化する」と強調し、ミサイルなどでの韓国領土の攻撃を示唆した。ラヂオプレスによると、通告にある「特別作戦行動小組」は、「過去の報道に登場したことのない組織」という。
 北朝鮮は、韓国側が北朝鮮の新指導者、金第1書記を冒とくしたとして、李政権を批判する軍民大会を全国で開催するなど、韓国批判キャンペーンを繰り広げている。

奇々怪々なシャルレ社長交代劇 見え隠れする創業家の影

大阪証券取引所2部に上場する下着販売会社、シャルレの突然の社長交代劇がさまざまな憶測を呼んでいる。前社長の辞任理由が「一身上の都合」としか公表されなかったためだ。シャルレといえば、バレーボール五輪銅メダリストの三屋裕子氏を社長に抜擢(ばってき)しながら、わずか3年で解任したことで話題を呼んだことも。トップ人事をめぐる一連の“ドタバタ騒動”には、株式の過半数を握る創業家の影が見え隠れする。
 「上場企業の社長が『一身上の都合』で辞めるなんて聞いたことがない」
 ある証券系アナリストはあきれ顔でこう語った。
 4月12日、シャルレのホームページに掲載された「代表取締役の異動に関するお知らせ」はA4判で2枚のみ。
 「岡本雅文前社長(47)が病気だったとは聞いていませんが、お知らせ以上のことは私たちも分かりません」と同社担当者も困惑気味。そこで、常務から昇格した橋本欣也新社長(56)への取材を申し入れたが、「急な人事異動でしたので、本人も『しばらくは遠慮したい』と申しております」との返答。新社長自身、突如引き立てられ、戸惑っている実態をうかがわせた。
 近年、シャルレのトップ人事には不可解さがつきまとってきた。
 平成16年、三屋氏が突然、社長に抜擢された。創業家は「ホームパーティー形式の試着会」という同社の訪問販売モデルをしがらみにとらわれず、見直してくれると期待。これに対し、三屋氏は「むしろ独特のネットワークを生かした試着会を強化しよう」と考えたため、両者は対立し、三屋氏は創業家から解任された。
 しかし、三屋氏を解任した創業家出身の社長も、MBO(経営陣による自社買収)をめぐり、「買い付け価格を不当に低く誘導した疑いがある」として、20年12月に解任。これを受け、プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト・インクを経て、13年にシャルレに入社していた岡本氏が社長に就任した。
 その彼がなぜ、任期を全うせず、「一身上の都合」で辞めなければならなかったのか。実は、今回の辞任劇には伏線があった。
 LED(発光ダイオード)照明の開発・販売子会社、シャルレライテック社長(シャルレ取締役)が、岡本氏と同じ「一身上の都合」で今月9日に辞任していたのだ。
 シャルレライテックは22年にシャルレが他社と合弁で始めた企業だが、本業のもうけを示す営業損益は2億円を上回る赤字が続き、シャルレ本体の収益を悪化させていた。東京商工リサーチによると、シャルレライテックは約6千万円の債務超過状態で、シャルレから資金を調達していたようだ。
 経営不振の合弁相手が手を引き、今年3月末にシャルレの完全子会社となったが、「赤字会社を押しつけられた」との不満が創業家にくすぶり、岡本氏と子会社社長の辞任へつながったとの見方も一部にはある。
 仮に、議決権の過半数を握る創業家から株主総会で取締役の解任動議を出されれば、経営陣は苦境に陥る。今のところ、三屋氏の社長解任劇やMBO騒動で世間の批判を浴びた創業家は、表面的には鳴りを潜めたままだ。ただ、3月末に5人いた取締役のうち生え抜きといえるのは橋本新社長のみだった。今回、外部出身の2人が一度に辞任したことで、創業家の影響力が増すのは間違いない。
 「創業家は無関係かもしれない。だが、社長の辞任理由が『一身上の都合』なんて含みのある言い回しだと、あらぬ憶測が飛び交うことになる」。あるアナリストはこう苦言を呈す。
 果たして、創業家による“逆襲劇”の幕は上がったのだろうか。

次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。